2016年に設立されたリンクジャパンキャリアは、オールインワンビジネスの総合的なサービスにより、国際プロフェッショナルが安心して活躍できる場を提供しています。

「クロスカルチャーデザイン」というコンセプトのもと、グローバル化に伴い、それぞれの分野で国際的に活躍するプロフェッショナルの人材派遣、オンボーディング、サポートなどに関わる課題を解決しています。主に日本の教育産業に特化していますが、サービスやIT業界にも範囲を広げています。リンクジャパンキャリアのグループマネージャーのフォード・グレーブル(Ford Grable)氏に、Bullhornを利用した感想をお聞きしました。

課題

リンクジャパンキャリアは、サービスの拡張と開発を始めるための新しいATSを求めていました。1つの職種の応募のみを受け付けるシングルパートナーRPO事業から、複数の職種への応募も受け付けるモデルへの移行を考えていたからです。

グレーブル氏は次のように語ります。「私たちが導入したレポーティングツールでは、KPIが要求されるさまざまな状況で、正確な管理を行えないことは明らかでした。会社ではデータ管理に関してプライバシーの問題が生じていたため、新しい方法でドキュメントを収集してクライアントと共有したいと考えていましたが、当時のシステムでは的確に対応できませんでした。他の多くの会社と同じく、私たちも手持ちのツールでスタートし、しばらくはうまくいっていました。それでも、このままでは手に負えなくなることは目に見えていたので、SaaSソリューションを探し始めました」。グレーブル氏は、顧客が求めるあらゆるものに適応できるようにしておく必要があり、需要の増加ペースに対応できるカスタマイズ可能なシステムが成功の鍵を握ることになるだろう、と説明しました。

ソリューション

リンクジャパンキャリアは複数のソリューションの評価を始め、8社の企業と接触しました。グレーブル氏は「Oracleのような大手企業から、ポーターズ(HRBC)のような日本に特化した小企業や中堅企業まで、人材派遣系の大手サイトで口コミ評価の高い企業に声をかけました。テクノロジー比較サイトを見たところ、Bullhornは多くの比較サイトで最上位にランクされていました」と説明します。

アンケートで、グレーブル氏は「多くの企業に話を聞きましたが、リクルーティングソリューションはそれぞれ、対象の業界、分野、状況で非常に優れたものでした」と回答しています。ただし、評価したこれらのシステムの中で「Bullhornは、私たちが必要とする幅広いカスタマイズに対応する唯一のシステムだった」とグレーブル氏は説明しています。「RPOビジネスに関連した従来の業務プロセスを維持しつつ、人材サービス企業に必要な流動的な管理に対応するために柔軟性の高いシステムが求められていました」。

効果

リンクジャパンキャリアはBullhornに移行して以来、オープンAPIを提供するプロバイダーと連携しやすくなったことに特に大きな利点を感じています。「Bullhornの大きな利点の1つは、幅広いマーケットプレイスパートナー、そしてBullhorn環境のソリューションの開発やメンテナンスを支援するサードパーティの開発者にアクセスできるという点です。この柔軟性と、CanvasのようなBullhornのレポーティングツールを組み合わせることで、ビジネスのあらゆる部分を把握するのに役立つツールが得られています」。

Bullhornの透明性は大きな強みであり、リンクジャパンキャリアのチームからは好意的なフィードバックが多く寄せられました。「メモ、ページの切り取り、社内通知、タスク割り当て機能、メール統合により、主な連絡先が誰であるかに関係なく、いつでも候補者に何が起こっているのかを正確に知ることができます。私たちのチームはグローバルに複数のタイムゾーンにまたがって活動しています。システムが可視化されていたため、真夜中に何回も電話をかけなくてすみました」とグレーブル氏は説明します。可視性に加えて、Bullhornが国際的に事業を展開していることは、リンクジャパンキャリアにとって意味があります。「Bullhornのもう一つの利点は、どの地域で活動していても、どんなニーズにも対応できるということです」とグレーブル氏は述べます。

リンクジャパンキャリアでは、Bullhornのアカウントマネジメントは画期的でした。グレーブル氏は「カスタマーサクセスエージェントとの週1回のミーティングでは、Bullhornの現在の使い方をもとに、さらに多くの成果を上げるための新しい方法や、マーケットプレイスパートナーと提携することを提案してくれました。さらには日本やアジア・オセアニアの他の人材サービス企業との業界ラウンドテーブルにも参加しました」と説明しています。アカウントマネージャーからは、優れたリソースが提供されていることや、Bullhornと業界の最新ニュースを常に聞いています。「ITチームは、Bullhornのリソースが英国や北米にあるにもかかわらず、常にすばやく対応し、ソリューションをフォローしてくれます。またBullhornがサードパーティの開発パートナーのために時間を割いて質問に回答してくれることにも感謝しています」。

ジャパンリンクキャリアでは、短期的にはRPOが事業の大きな部分を占めると予想されますが、長期的には人材派遣サービスの成長を期待しているようです。グレーブル氏はさらにこう説明します。「Bullhornは、事業の方向性が今後どうなったとしても対応できる最適なポジションにあります」と言います。「他のATSはカスタマイズなしで専門的なタスクを実行するのが得意なようですが、Bullhornには変化するビジネスに合わせて成長できる柔軟性とカスタマイズ機能があります。

「Bullhornは、変化するビジネスに合わせて成長できる柔軟性とカスタマイズ機能があります。」
1519887373310
1519887373310
フォード・グレーブル(Ford Grable) リンクジャパンキャリア

さあ、始めてみませんか?